「明るい豊かな社会」を築き上げよう!!公益社団法人仙台青年会議所のWEBサイトです。

地域連携推進会議

地域連携推進会議 基本方針

議長 石井 健人

1.基本方針

仙台JCは、明るい豊かな社会の実現を理想とし、これまで以上に地域との連携の強化が求められ、そのうえで価値のある運動を広く展開していく組織に進化していかなければなりません。地域との連携を推し進め、これまでの事業の運動としての大きな展開を求め、まちの新たな可能性を探求し、国境を越えた理解と関係性を深め、高い意識で積極的に行動をとる人々を増やし、自らが社会の原動力となり運動を展開していく必要があります。

まずは、地域が求める運動を広く伝播するために、他団体や学校との連携を締結し、運動の在るべき姿を形成いたします。そして、震災を風化させないこころを持ち防災意識の向上をするために、震災後3月11日に行なってきたキャンドルナイトを地域と連携し、より大きな効果を得られる事業にするとともに、3月に仙台で開催される国連防災世界会議においてしあわせな黄色いハンカチプロジェクトを発信し、被災地の枠を超えて世界各国へ防災意識の高いまちづくりを広げます。さらに、仙台の新たな可能性の発見へ繋げるために、第12回例会を移動例会としてJCI世界会議の開催される金沢の地で行ない、海外の観光客も多く訪れる金沢のまちの魅力や文化を学ぶ機会とします。また、海外との価値観の違いを乗り越え相互理解を育むために、地域の未来を担う人たちへJCだからこそできる民間外交を推進し、国際交流の活発なまちへつなげる機会とします。そして、メンバー一人ひとりがLOMの大きな方向性を理解して能動的に行動するために、昨年度策定した「LOM中長期ビジョン」を周知して推進し、メンバーと組織がともに進化します。

地域のリーダーとしての組織が、地域との繋がりの中で生かされていることに感謝し、郷土愛と地域への誇りを持ち、未来の礎となる志の高い人々が連携した関係を築き能動的な市民をまちに溢れさせ、住み暮らす人々がしあわせを実感できる仙台を実現いたします。

2.事業計画

・地域や他団体との連携推進
・震災の風化を防ぎ防災意識を高める事業の企画と実施
・例会の企画と実施【第12回(11月)移動例会】
・国際交流を目的とした事業の企画と実施
・LOMビジョンの推進
・新入会員の開発
・第46回仙台七夕花火祭(第9回公開例会)への積極的な支援
・出向者支援

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

協賛企業

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 公益社団法人仙台青年会議所 All Rights Reserved.